社員インタビュー

求められる人材像は『コミュニケーション能力が高い人』

所属:開発部(研磨材グループ) 

-まずはじめに、アイオンに入社するまでの経緯を聞かせて下さい。 


学生時代、研究室では有機化学の反応開発の研究をしていたので、その知識が少しでも活かせる企業、特に化学メーカーの開発職を中心に就職活動を行っていました。その中でアイオンは、最初は数ある化学メーカーの一つといった印象でしたが、詳細な仕事内容を知っていくにつれて面白そうだなと思ったことがきっかけです。また、一般消費者向けの商品から最先端の業界向けの商品まで幅広く展開しているところにも魅力を感じました。それと、社員寮をはじめとする充実した福利厚生があったということも、入社を決めた要因の一つです。

 

-入社後、開発部に配属されましたが、先輩社員の印象はどうでしたか?

 

工場内に開発部があるので、他部署との距離が比較的近いと思いました。特に製造部、生産管理課、品質保証部とは密にコミュニケーションを取って仕事をしているという印象を受けました。

私も開発品を製造スケールで試験する際は、関連部署とのコミュニケーションを密にとってやり取りをしています。開発部の先輩社員については、責任感が強く、自分の仕事に誇りを持っている人が多いという印象を受けました。
 

-では、現在のご自身の仕事について教えて下さい。


HDD(ハードディスク)向けアルミ基板を研磨する砥石の開発をメインテーマとしています。

仕事内容は、お客様の要望に合うような目標物性を設定してラボスケールでの試作から始めます。次にその試作品を研磨機を使って研磨性能の評価を行ない、他の物性を含めて良好な結果が得られたら、お客様に提案します。お客様から提案内容の了承が得られたら製造スケールで量産試作を行ない、試作品をお客様に評価して頂くといった流れが基本です。

より良い研磨性能を持つ砥石をいきなり作ることは難しいので、配属当初はラボスケールで砥石の試作を行ない、研磨性能評価をするというサイクルを繰り返して、研磨性能や物性に影響を与える因子などを調査していました。その時に得られた知見や経験は、新規の砥石開発に大きく活きており、現在お客様で高評価を頂いた砥石もいくつかあります。まだ正式採用はされてないものの、努力が認められた時の喜びはとても大きいです。

この業界は海外のお客様も多く、年に数回海外出張もあります。海外出張で一番苦労することはやはり言語の壁であり、お客様と直接コミュニケーションが取れないことに苦労しています。海外を訪問するたびに、最低限のコミュニケーションが取れるレベルの英語力が必要だと痛感しています。
 

-お客様から良い評価をもらえた時は、頑張ってよかったという実感が湧きますよね。その言葉を直接理解したいので、英会話のスキルを上げたいというのが今の気持ちですね。では、それらを踏まえて、今後どのような目標立てていきたいかを教えて下さい。


HDD業界は技術の進歩スピードが速く、今後もさらに要求事項が厳しくなっていくことが想定されます。それに対応するには、お客様の要求事項をクリアするだけでなく、さらにその先の次世代HDDにも対応できる砥石の開発を行ないたいです。そのためには今よりもさらに知識の幅を広げ、業界の最新動向などにも目を向け積極的に学んでいくことが必要だと考えています。

また先ほど話をしましたが、海外出張の時のコミュニケーションに苦労しているため、最低限のコミュニケーションが取れるよう英語を積極的に学んでいきたいです。

 

-最後になりますが、顧客の技術スピードに対応するために、開発部にはどのような人材が必要

だと思いますか?

 

開発部員に限らず社会人として必要なスキルはコミュニケーション能力です。仕事は一人で進めていくことは基本的にはなく、人とのかかわりの上で成り立っているため、コミュニケーション能力は必須だと考えています。コミュニケーションがうまく取れないと、お客様対応や社内での対応にも不具合が生じ、仕事を円滑に進めることが出来なくなるため一番必要だと感じています。