社員インタビュー

求めている人材像は『周囲を明るくするような元気な人』

所属:製造部 第二製造課

-まずはじめに、この会社を選んだ理由を教えて下さい。

 

地元での就職を考えていたので、大学の就職支援課に相談をしたところ、この会社を薦められました。

ちょうどその頃、アイオンが新しい工場を建設するということを新聞記事で取り上げられているのを見て、今後もっと成長する企業かもしれないと思いました。実際に工場見学をすることになったのですが、丁寧に説明していただいたので、入社しても安心だと判断し、入社を決めました。

 

-実際に入社してみて、どうでしたか?

 

経営方針の1つに「世界の市場・お客様に愛される『品質ナンバーワン・オンリーワン商品作り』の企業を目指す」を掲げていますが、実際に仕事をしてみて、品質を第一に考え、お客様からの要望に応えられる会社だと感じました。また人材育成でも技術や知識だけでなく、社会人としての教養にも力を入れている会社だと思いました。

 

-今は第二製造課に在籍されていますが、現在の仕事内容を教えて下さい。

 

自部署では、ブラシローラーという半導体業界で使われているスポンジのクリーンルーム内での後工程作業をしています。

 

-具体的には、どのような内容ですか?

ノウハウは開示できないので細かい説明はできませんが、スポンジ自体を高い清浄度にするための洗浄工程があります。またその後、コアと呼ばれる樹脂製の芯をスポンジに組み込みます。組み込みは装置で行ないますが、組み込み後の状態を確認するために、装置を使って測定します。また清浄度も重要な検査項目なので、分析機器を使って測定しています。その後、最終検査を行ないます。
 

-品質が特に重要視される工程ですね。品質を維持するために他に何か管理していることはありますか?

 

はい。クリーンルームはすべて超純水を使用しているのですが、超純水を製造する装置の点検も自部署の重要な仕事です。点検したデータを見て、変わった兆候がないかを確認しています。これらの品質管理を徹底することで、自信を持ってお客様に商品を提供することができると思っています。

 

-ブラシローラーは国内だけでなく海外にも出荷していますが、納期管理にはどのように対応していますか?

 

納期に合わせた作業段取りを計画して、それを他の作業者に指示しています。お客様によってそれぞれ製品仕様が異なりますが、生産効率も考えたベストな作業段取りを計画することを心掛けています。

 

-品質第一を最優先とした仕事をされてきていますが、入社してから成長したと感じていることを聞かせてください。

 

超純水製造装置をはじめとして、いろんな設備の知識を学ぶことが出来ました。また自部署内だけでなく、他部門の先輩方とも交流がありますので、自分が直接関わらない仕事や仕事以外のことについてもいろいろと教えてもらっています。間違いなども的確に指導して頂いていますので、公私共に成長できていると感じています。
 

-いろいろな経験をされてきていますが、今の仕事をする上で必要なものは何だと思われますか?

 

求める人材像のことですね。製造技術の仕事をしていく上で、必要だと思われるのは

 ・周囲を明るくするような元気さを持っている

 ・何事にも前向きで、積極的に取り組むことができる

 ・常に問題意識を持ち、現状に満足しない

 ・現状を十分に理解した上で、改善策を常に考えながら取り組む

 ・指示待ちにならず、失敗を恐れない

です。

 

-5項目ありますが、特に重要視しているものはありますか?

 

「周囲を明るくするような元気さ」はチームで仕事をする上で、最も重要です。これがあれば、コミュニケーションも上手くいくと思っています。その上で残りの4項目については、どれか1つは欲しいと思っています。

 

-チーム力は重要ですよね。また品質第一を維持するには常に前に進む必要があることは理解できます。最後になりますが、これからの目標を聞かせて下さい。

 

製造の作業には難しい作業が多く、誰にでもできるものではないので、難しい作業をいかに簡単に作業できるかを考えて改善していきたいです。また自部署の人材育成にも力を注ぎ、活気あふれる職場を作っていけたらいいと考えています。